ネットをうまく活用しよう

不特定多数の人に情報を見せよう

現代の集客方法とは

ネット上に、広告を出せます。
するとたくさんの人の目に留まり、興味を持った人がクリックしてホームページや、商品の販売ページに移動するという仕組みです。
集客効果を期待できるので、さっそくネット用の広告を作成してください。
紙の広告を作って配布する時は、広告を作る費用と配布する人件費が発生するので、意外と出費が多いです。

さらに頑張って広告を配布しても、遠くまで情報を届けられません。
たくさんの人に情報を届けたいなら、どこにいても見られるネット上の広告がおすすめです。
広告を出すためには費用が発生しますが、紙の広告を作った時より安く済みます。
さらにネット広告のおかげで利益を増やせれば、掛かった費用も気になりません。

文字のサイズに気を付けよう

広告を作る際は、文字の大きさに気を付けてください。
あまりスペースがないので文字が小さいと読みにくく、画面に表示されても多くの人がスルーしてしまいます。
せっかく作ったのに誰にも見られないともったいないので、見られる広告を意識してください。
そのためには何をしている会社なのか、簡潔に伝えましょう。

説明文が長くなると文字が小さくなり、読む気がなくなります。
ですから会社の名前と、やっていることがわかるキャッチコピーを掲載するだけでも十分でしょう。
さらに、読みやすいフォントにしてください。
丸い文字は可愛いですが、フォントによっては読みにくくなってしまいます。
デザイン性よりも、相手に見てもらうことを優先しましょう。


この記事をシェアする
TOPへ戻る